流山(市)(読み)ながれやま

日本大百科全書(ニッポニカ)「流山(市)」の解説

流山(市)
ながれやま

千葉県北西部にある市。江戸川に臨む下総(しもうさ)台地上に位置する。1951年(昭和26)流山町と八木(やぎ)、新川の2村が合併して江戸川町となり、翌年流山町に改称、1967年市制施行。JR武蔵野(むさしの)線、流鉄流山線(りゅうてつながれやません)、東武鉄道野田線、つくばエクスプレスが通じる。国道6号や流山有料道路、常磐(じょうばん)自動車道が走り、流山インターチェンジがある。中世、相馬(そうま)氏は本家千葉氏にこの地を与えられたが、江戸時代には幕府直轄地となり、台地上の小金牧(こがねのまき)で馬の放牧が行われた。江戸川沿岸は近世中期以後河港として発達し、1890年(明治23)完成した江戸川と利根(とね)川を結ぶ利根運河は1896年の鉄道開通によってさびれたが、運河水辺公園として整備された。良質の米を産し、早くからみりんの醸造業がおこり、今日に伝えられている。ネギ、ホウレンソウなどの近郊野菜生産も盛んで、また、工業化、都市化が進展して人口が急増している。新選組局長近藤勇(いさみ)陣屋跡があり、江戸川堤は格好のサイクリングコース。面積35.32平方キロメートル、人口17万4373(2015)。

[山村順次]

『『流山市史』全3巻(1982・流山市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android