流山[市](読み)ながれやま

百科事典マイペディア「流山[市]」の解説

流山[市]【ながれやま】

千葉県北西部の市。1967年市制。江戸川東岸の低湿地下総(しもうさ)台地にまたがる。江戸川をはさんで埼玉県に接する。中心市街は近世以来江戸川舟運の河岸場,みりん製造地として発達武蔵野線,流鉄,東武野田線,常磐自動車道が通じ,昭和30年代から住宅団地造成が進み,都市化が著しい。農業は米,施設野菜の栽培が行われるほか,観光農園が人気を集めている。2005年つくばエクスプレスが開業。東日本大震災で,市内において被害が発生。35.32km2。16万3984人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「流山[市]」の解説

ながれやま【流山[市]】

千葉県北西部,江戸川沿岸の市。1967年市制。人口14万6245(1995)。渡良瀬川洪水で上州赤城山の一部が流れついたという地名伝説が残り,台地微高地赤城神社がある。中心街は江戸時代中期以降江戸川と利根運河水運で栄えた河港である。利根運河利根川と江戸川を結ぶ運河で,1887年に起工し,90年に完成した。川蒸気船で東京~銚子間を1日行程に短縮し,年間約7万隻の船が通った。明治のはじめには葛飾(かつしか)県庁印旛(いんば)県庁がおかれたが,JR常磐線からはずれ,水運の衰えもあって都市としての発達はおくれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android