コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流山[市] ながれやま

百科事典マイペディアの解説

流山[市]【ながれやま】

千葉県北西部の市。1967年市制。江戸川東岸の低湿地下総(しもうさ)台地にまたがる。江戸川をはさんで埼玉県に接する。中心市街は近世以来江戸川舟運の河岸場,みりん製造地として発達。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながれやま【流山[市]】

千葉県北西部,江戸川沿岸の市。1967年市制。人口14万6245(1995)。渡良瀬川の洪水で上州赤城山の一部が流れついたという地名伝説が残り,台地の微高地に赤城神社がある。中心街は江戸時代中期以降江戸川と利根運河水運で栄えた河港である。利根運河は利根川と江戸川を結ぶ運河で,1887年に起工し,90年に完成した。川蒸気船で東京~銚子間を1日行程に短縮し,年間約7万隻の船が通った。明治のはじめには葛飾(かつしか)県庁印旛(いんば)県庁がおかれたが,JR常磐線からはずれ,水運の衰えもあって都市としての発達はおくれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

流山[市]の関連キーワード下総台地下総

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android