コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深谷[市] ふかや

百科事典マイペディアの解説

深谷[市]【ふかや】

埼玉県北部の市。1955年市制。北半は利根川南岸の沖積低地,南半は荒川沿いの扇状地台地。中心市街は中山道宿場町市場町として発達。高崎線秩父鉄道関越自動車道が通じる。県内での農業粗生産額は1位を占め,特産の深谷ネギのほかキュウリ,ホウレンソウ花卉(かき)の栽培も盛んである。地場産業として瓦,土管があり,工業団地が造成されてからは電気機器,金属,食品などの工業が盛んである。台地上には縄文(じょうもん),弥生(やよい)時代の遺跡が多い。2006年1月大里郡花園町,川本町,岡部町を編入。138.37km2。14万4618人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふかや【深谷[市]】

埼玉県北部の市。1955年市制。人口10万0285(1995)。南は荒川左岸の洪積扇状地(櫛挽(くしびき)台地)からなり,北は利根川右岸の沖積扇状地である。JR高崎線と国道17号線が通じる。市街地は台地と低地の接点に開け,中世には深谷城があった。江戸時代廃城となったが,中山道の宿場町,市場町としてにぎわい,5・10の六斎市も立った。土質が瓦製造に適しているため瓦,土管製造は江戸時代以来の伝統をもち,明治期には日本最初の洋式煉瓦工場も設立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android