コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯殿山神社 ユドノサンジンジャ

百科事典マイペディアの解説

湯殿山神社【ゆどのさんじんじゃ】

山形県湯殿山頂に鎮座。大山祇(おおやまづみ)命をまつる。湧湯の出る岩を神体とし社殿を設けない。6世紀の創祀と伝える。例祭は7月15日。
→関連項目月山神社出羽三山神社

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

湯殿山神社

山形県鶴岡市にある神社。第33代推古天皇御代(593~628年)に創祀とされる。祭神は大山祇命(おおやまづみのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)。出羽三山神社のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆどのさんじんじゃ【湯殿山神社】

山形県東田川郡朝日村に鎮座。旧国幣小社。大山祇(おおやまづみ)神,大己貴(おおなむち)命,少彦名(すくなひこな)命をまつる。また彦火火出見(ひこほほでみ)尊,湯殿山(ゆどのやま)大神をまつるともいう。湯殿山の北側中腹梵字川の谷に熱湯が湧出する石英安山岩の岩があり,神体となっている。《おくのほそ道》で〈語られぬ湯殿にぬらす袂かな〉といわれたように,古来神体については他言が禁じられていた。社殿はなく羽黒山の出羽(でわ)三神合祭殿で祭祀が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆどのさんじんじゃ【湯殿山神社】

山形県鶴岡市湯殿山にある神社。祭神は大山祇神おおやまつみのかみ・大己貴命おおなむちのみこと・少彦名命すくなびこなのみこと。月山神社・羽黒山神社とともに出羽三山神社の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯殿山神社
ゆどのさんじんじゃ

湯殿山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯殿山神社
ゆどのさんじんじゃ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湯殿山神社の関連キーワード栃木県日光市湯西川山形県鶴岡市田麦俣山形県鶴岡市西川(町)大己貴命出羽神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯殿山神社の関連情報