瀬川如皐(1世)(読み)せがわじょこう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬川如皐(1世)
せがわじょこう[いっせい]

[生]元文4(1739)
[没]寛政6(1794)
歌舞伎作者。天明3 (1783) 年瀬川乙女と名のった役者から作者に転向。実弟の3世瀬川菊之丞や1世中村仲蔵のために佳作を残し,1世桜田治助に次ぐ名手といわれた。『重重人重小町桜 (じゅうにひとえこまちざくら) 』『女武者菊千余騎』など,所作事では『仲蔵狂乱』『羽根の禿 (かむろ) 』など今日に伝わっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android