コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川如皐(1世) せがわじょこう[いっせい]

1件 の用語解説(瀬川如皐(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬川如皐(1世)
せがわじょこう[いっせい]

[生]元文4(1739)
[没]寛政6(1794)
歌舞伎作者。天明3 (1783) 年瀬川乙女と名のった役者から作者に転向。実弟の3世瀬川菊之丞や1世中村仲蔵のために佳作を残し,1世桜田治助に次ぐ名手といわれた。『重重人重小町桜 (じゅうにひとえこまちざくら) 』『女武者菊千余騎』など,所作事では『仲蔵狂乱』『羽根の禿 (かむろ) 』など今日に伝わっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

瀬川如皐(1世)の関連キーワード霊空地方財政計画景清北尾重政国見岳建部賢弘都鄙問答ひらかな盛衰記明史霊空

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone