牛深[市](読み)うしぶか

百科事典マイペディアの解説

牛深[市]【うしぶか】

熊本県天草下島南端部を占める旧市。1954年市制。沈水海岸良港牛深港は九州中部の沿岸漁業根拠地で,イワシ,アジ,サバの漁獲が多く,近年は新大型漁港も完成し,水産物流通加工基地の施設整備が進行中。タイ,ブリなどの養殖も行われる。丘陵地ではミカン,ポンカン栽培が盛ん。大部分が雲仙天草国立公園に属し,下須(げす)島の海中公園,竜仙島(片島。名勝・天然記念物),六郎次山(名勝)がある。牛深ハイヤ節は有名。水俣港と高速船が結ぶ。天草鹿児島国道フェリーが就航し,鹿児島県との関係が密接。2006年3月,本渡市,天草郡有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,天草町,河浦町と合併し市制,天草市となる。89.75km2。1万8588人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしぶか【牛深[市]】

熊本県天草下島の南端にあり,リアス海岸の良港をもつ県下一の水産都市。1954年牛深町と深海(ふかみ),魚貫(おにき),久玉,二浦の4村が合体,市制。人口2万0097(1995)。天附(あまつけ)の縄文・弥生遺跡は早くから人が住みついたことを物語る。中世天草五人衆の一人久玉氏が久玉城(海城)を構築,その後南蛮貿易,海運業の隆盛に伴い,長崎,薩摩,琉球への中継寄港地として牛深港が栄えた。江戸時代の初め牛深,後には久玉も天草定浦(じよううら)の一つとなって漁業がおこり,初めはカツオ漁,明治後期以降はイワシ漁で知られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の牛深[市]の言及

【熊本[県]】より

…近年木材価格は低迷し,林業経営は不振である。水産業は小規模な漁船による各種の沿岸漁業と牛深(うしぶか)港(天草下島)を基地とする沖合のアジ,イワシ,サバ漁を主とする。ほかに有明海のノリ養殖,大矢野島周辺のクルマエビ,天草を中心とした真珠,ブリ,タイ,トラフグの魚類養殖が盛んで,最近牛深を中心に栽培漁業の振興が図られている。…

※「牛深[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android