コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼狽える ウロタエル

デジタル大辞泉の解説

うろた・える〔うろたへる〕【狼狽える】

[動ア下一][文]うろた・ふ[ハ下二]
不意を打たれ、驚いたり慌てたりして取り乱す。狼狽(ろうばい)する。「うそがばれて―・える」
うろうろと歩く。うろつく。
「このあたり―・へて、見つけられてはいとしいことと」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うろたえる【狼狽える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 うろた・ふ
予想外の事態にどうしてよいかわからず、まごまごする。 「何が起きても-・えるな」
うろうろと歩く。うろつく。 「もし此あたり-・へて見付けられてはいとしいこと/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狼狽えるの関連キーワード浄瑠璃冥途