猫山遺跡(読み)ねこやまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

ねこやまいせき【猫山遺跡】

新潟県北蒲原郡京ヶ瀬村猫山字大谷内にある弥生時代初頭の墓地。遺跡は阿賀野川右岸の支流が形成した標高6mの自然堤防上に立地している。1958年,開田工事中に土器群が直立して発見され,それらは土壙内に埋置していた棺とみられ,再葬墓であったと判断された。棺は,高さ50~60cmの胴の長い壺に皿や浅鉢でふたをしたものや,深鉢2個体を合せ口としたものなどがあった。土器内に骨などは遺存しないが,チャートや硬質ケツ岩の剝片,それに円礫(えんれき)や石片が発見されており,前者は副葬品であり,後2者は壺棺を覆っていたものと推定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android