コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫山遺跡 ねこやまいせき

1件 の用語解説(猫山遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねこやまいせき【猫山遺跡】

新潟県北蒲原郡京ヶ瀬村猫山字大谷内にある弥生時代初頭の墓地。遺跡は阿賀野川右岸の支流が形成した標高6mの自然堤防上に立地している。1958年,開田工事中に土器群が直立して発見され,それらは土壙内に埋置していた棺とみられ,再葬墓であったと判断された。棺は,高さ50~60cmの胴の長い壺に皿や浅鉢でふたをしたものや,深鉢2個体を合せ口としたものなどがあった。土器内に骨などは遺存しないが,チャートや硬質ケツ岩の剝片,それに円礫(えんれき)や石片が発見されており,前者は副葬品であり,後2者は壺棺を覆っていたものと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猫山遺跡の関連キーワード黒崎大日岳月ヶ瀬阿賀野柳ヶ瀬阿賀の里スピーディア加藤順蔵田辺小兵衛三好愛吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone