コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献物帳 ケンモツチョウ

4件 の用語解説(献物帳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんもつ‐ちょう〔‐チヤウ〕【献物帳】

奈良時代、寺社へ奉納する品物に添えた目録およびその趣意書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんもつちょう【献物帳】

神仏に物などを供えて祈願し,あるいは所願成就してお礼の奉納を行うとき,その品目を列挙し,願文を添えて奉る文書。一般には寄進状,施入状,あるいは奉納状などと呼んでいるが,奈良時代にはとくに献物帳と呼ばれる一連の文書がある。756年(天平勝宝8)聖武太上天皇没後,遺愛の品などが光明皇太后孝謙天皇によって東大寺やその他の諸寺に献納されたときに添えられた献納目録がそれであり,現在《東大寺献物帳》5巻と《法隆寺献物帳》1巻(この1巻は現在は桐の板に貼ってあるが,もとは軸装)の原本が伝えられており,前者は正倉院に,後者は法隆寺献納宝物一つとして東京国立博物館に所蔵されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんもつちょう【献物帳】

奈良時代、寺社に奉納する物品に付けた品目や趣旨を記した文書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

献物帳
けんもつちょう

奈良時代、神仏への奉納物に添えた内容目録・趣意書。756年(天平勝宝8歳)5月2日の聖武(しょうむ)太上天皇の没後、光明(こうみょう)皇太后・孝謙(こうけん)天皇がその遺品の珍宝等を、東大寺および他の一七大寺に献納したときのものが著名である。(1)天平勝宝(てんぴょうしょうほう)八歳六月二十一日国家珍宝帳、(2)同日種々薬帳、(3)天平勝宝八歳七月二十六日屏風花氈(びょうぶかせん)等帳、(4)天平宝字(ほうじ)二年(758)六月一日大小王真蹟(しんせき)帳、(5)天平宝字二年十月一日藤原公(不比等(ふひと))真蹟屏風帳、(6)天平勝宝八歳七月八日法隆寺献物帳の6通が現存する。(1)~(5)は正倉院伝来。(6)は法隆寺伝来で東京国立博物館所蔵。献物帳所載の宝物等には、草壁(くさかべ)皇子佩用(はいよう)の黒作懸佩刀(くろづくりかけはきのたち)、天武(てんむ)天皇以来伝世の赤漆文欟木厨子(せきしつぶんかんぼくのずし)(現存)などもあり、またそのほかにも正倉院に現存しているものが多数ある。[石上英一]
『正倉院事務所編『正倉院の書蹟』(1964・日本経済新聞社) ▽後藤四郎編「正倉院の歴史」(『日本の美術』第140号所収・1978・至文堂) ▽関根真隆「献物帳」(『日本古文書学講座2』所収・1978・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

献物帳の関連キーワード祈願御供え供具供祭供仏所願供え奉納矢の口祭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone