コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業航空 サンギョウコウクウ

デジタル大辞泉の解説

さんぎょう‐こうくう〔サンゲフカウクウ〕【産業航空】

運輸以外の産業目的に航空機を利用する事業。写真撮影・測量・薬剤散布など。航空機使用事業。→商業航空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

産業航空【さんぎょうこうくう】

旅客,貨物の運送以外の,産業上の目的で行われる航空。ヘリコプターや小型飛行機のめざましい発達で急速に利用範囲が拡大したが,おもなものは,航空測量,航空写真撮影,播種(はしゅ)や農薬散布,魚群探知,氷山・流氷監視,送電線の工事やパトロール,新聞・テレビの取材など。
→関連項目航空民間航空

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうこうくう【産業航空】

航空機使用事業ともいう。日本では航空法第2条で〈他人の需要に応じ,航空機を使用して有償で旅客又は貨物の運送以外の行為の請負を行う事業〉と規定されている。定期航空不定期航空がともに貨客の運送を行うことを主たる目的とするのに対し,産業航空は貨客の輸送は行わない。航空法は第123条で,航空機使用事業を経営するためには運輸大臣の免許が必要であるとし,また同法施行規則は,事業免許の申請には氏名,住所,法人の場合は代表者の氏名,資本金,事業所の名称,資金の調達方法,事業計画の提出等が必要であると定め,定期航空に対すると同様のきびしい規制を課している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業航空
さんぎょうこうくう

一般航空」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

産業航空
さんぎょうこうくう

他人の需要に応じ、航空機を使用して有償で旅客または貨物の運送以外の行為の請負を行う事業。航空法(昭和27年法律231号)では航空機使用事業という。小型の固定翼機か回転翼機(ヘリコプター)で薬剤散布、操縦訓練、写真撮影、建設協力、広告宣伝、視察調査など産業に寄与する作業を行う。定期・不定期で大型機を使用し旅客・貨物などを輸送している大手航空輸送企業と異なり、零細企業がほとんどである。その資本系列は、私鉄、電力、商社、製造会社、個人などに大別できる。また機材所有形態は、小型固定翼機と回転翼機の両方を所有する型、小型固定翼機のみ所有する型、回転翼機のみ所有する型、そして定期・不定期用の大型機と使用事業の航空機を所有する型がある。産業航空の特徴は、航空事故件数にみる産業航空の割合が高いことと、企業数が多いうえ実績が伸びないため赤字企業が多いことである。近年は、小型機による離島などでの2地点間輸送などの業務にも参入している。このように産業航空の役割は、定期航空の補完以外に独自な特性が発揮されている。[松下正弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

産業航空の関連キーワードアエロフロートモルガン財閥パイロット主導産業事業航空空運

産業航空の関連情報