コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村栄太郎 たむらえいたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田村栄太郎
たむらえいたろう

[生]1893.9.25. 高崎
[没]1969.11.29. 東京
在野の日本史家。高崎商業出身。関東大震災以後,農民運動,技術史,風俗史などの実証的研究に従い,第2次世界大戦後は民主主義科学者協会そのほかで活躍。著書に『日本農民一揆録』 (1930) ,『一揆・雲助博徒』 (33) ,『近世日本交通史』 (35) ,『日本工業文化史』 (43) ,『近代日本農民運動史論』 (48) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村栄太郎 たむら-えいたろう

1893-1969 昭和時代の歴史家。
明治26年9月25日生まれ。家業の人力車宿をいとなむかたわら農民運動に参加。群馬共産党事件で禁固刑をうける。昭和4年上京して民衆史などの研究,著述につとめた。昭和44年11月29日死去。76歳。群馬県出身。高崎商業卒。著作に「日本農民一揆(いっき)録」「日本風俗史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田村栄太郎
たむらえいたろう
(1893―1969)

近代の民間史家。群馬県高崎の人力車宿の子として生まれる。高崎商業を卒業、社会運動に参加。30歳を過ぎてから家業を捨てて上京、以後在野の研究生活に徹した。研究は農民一揆(いっき)、交通、風俗、工業、人物史にわたり、時代も幅広いが、主として江戸時代の古文書解釈を基礎にする著作で大きな業績を残した。歴史の本体は民衆であるという立場と生活・生産を営む郷土の歴史の集積が日本史であるという立場から歴史を理解し、日本史のなかの不平等と平等の問題に終生焦点をあてた。著書『日本農民一揆録』『一揆・雲助・博徒』『日本工業文化史』『近世日本交通史』『やくざの生活』『日本風俗史』『世直し』など。[深谷克己]
『歴史科学協議会編『現代歴史学の青春』(1980・三省堂) ▽永原慶二・鹿野政直編『日本の歴史家』(1976・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田村栄太郎の関連キーワード新門辰五郎(しんもんたつごろう)日本橋(東京都)銀座(東京都)堀越三右衛門田村 栄太郎昭和時代深谷克己板倉勝静川村純義日柳燕石田中鶴吉歴史家川会所

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android