コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲賀[町] こうか

2件 の用語解説(甲賀[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

甲賀[町]【こうか】

滋賀県南東部,甲賀郡の旧町。〈こうが〉とも。野洲(やす)川の支流杣(そま)川上流の山地,丘陵地を占め,草津線が通じる。農林業を営み,ヒノキなどの木材を産する。近江(おうみ)売薬製造の中心地で,中心の大原市場に製薬工場が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうか【甲賀[町]】

滋賀県南東部,甲賀郡の町。人口1万2075(1995)。野洲川支流の杣(そま)川上流域にある。中心集落はJR草津線甲賀駅のある大原市場で,甲賀売薬の中心地として発展し,製薬工場が多い。町の工業生産額の8割以上を製薬が占める。近年は甲賀工業団地の造成により,電子,衣料関係の工場も進出している。戦国時代に当地の武士は甲賀衆,甲賀者と呼ばれ,伊賀者と並んで忍びの術で知られた。鈴鹿山麓の油日神社では毎年5月1日に重要無形民俗文化財に指定された太鼓踊が奉納される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甲賀[町]の関連キーワード勝浦甲賀土山鳩ヶ谷宮崎土岐備前瑞浪室戸甲賀三郎(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone