コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚く イタク

デジタル大辞泉の解説

いたく【甚く】

[副]《形容詞「いたし」の連用形から》
程度のはなはだしいさま。非常に。ひどく。「甚く感動する」
(あとに打消しの語を伴って)それほどには。たいして。
「わがため面目あるやうに言はれぬる虚言(そらごと)は、人―あらがはず」〈徒然・七三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

甚くの関連キーワードとぎす打消し