コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白縫譚・白縫物語 しらぬいものがたり

大辞林 第三版の解説

しらぬいものがたり【白縫譚・白縫物語】

合巻。九〇編。柳下亭種員たねかず・二世柳亭種彦・柳水亭種清作、歌川豊国・国貞他画。1849~85年刊。大友宗麟の娘若菜姫が父の仇菊池家を討ち果たそうとする筋に、海賊の遺児七草四郎征伐をからませた、合巻中の最大長編。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白縫譚・白縫物語の関連キーワード大友宗麟歌川豊国(三代)合巻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android