コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白縫譚 しらぬいものがたり

4件 の用語解説(白縫譚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白縫譚
しらぬいものがたり

合巻 (ごうかん) 。柳下亭種員 (たねかず) ,2世柳亭種彦柳水亭種清の合作。3世歌川豊国,2世歌川国貞画。 90編。嘉永2 (1849) ~3年刊。菊池家に滅ぼされた大友家の息女若菜姫,漢土の海賊の遺児七草四郎に対し,菊池家の忠臣鳥山豊後之助の子秋作が戦う,島原の乱などに取材した物語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらぬいものがたり〔しらぬひものがたり〕【白縫譚/白縫物語】

合巻。90編。柳下亭種員(りゅうかていたねかず)・2世柳亭種彦・柳水亭種清の合作。歌川豊国ら画。嘉永2~明治18年(1849~85)刊。大友宗麟の娘の若菜姫(白縫)の復讐(ふくしゅう)物語を中心とした長編。
(しらぬひ譚)歌舞伎狂言。時代物。8幕。河竹黙阿弥作。嘉永6年(1853)江戸河原崎座初演。の第14編までを脚色したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しらぬいものがたり【白縫譚】

合巻。柳下亭種員(たねかず)・2世柳亭種彦・柳水亭種清の嗣編合著。3世歌川豊国・2世国貞・芳幾・守川周重・楊洲周延画。90編。初編~71編は1849‐85年(嘉永2‐明治18)刊,72編のみ後人補,73‐90編は1881年ころから83年に成った草稿があったらしく,続帝国文庫《白縫譚》下巻に翻刻。書名は《不知火物語》《白縫物語》とも記す。妖術使いの美姫が筑紫を舞台に活躍し黒田騒動天草の乱の趣を示す合巻中の最大長編。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白縫譚
しらぬいものがたり

合巻(ごうかん)。90編。1849年(嘉永2)初編刊、85年(明治18)完結。初編から大団円の90編まで「続帝国文庫 第28、29編」(1900)に翻刻。柳亭種員(たねかず)、2世柳亭種彦(笠亭仙果)、柳水亭種清作。3世歌川豊国(とよくに)、2世歌川国貞(くにさだ)ら画。合巻中の最長編小説で、舞台を九州にとり、有明(ありあけ)海に妖(あや)しく燃える不知火(しらぬい)に発想の端を得ていることから、一名『不知火物語』ともいう。錦(にしき)が嶽(たけ)の妖女(ようじょ)から蜘蛛(くも)の妖術を授かった大友家の息女若菜姫は、男装して白縫大尽(だいじん)と名のり、志を同じくする天草四郎と仇敵(きゅうてき)菊地をうかがう。初め菊地の忠臣鳥山豊後之助(ぶんごのすけ)の一子秋作と妖術の限りを尽くして闘った姫だが、やがて豊後之助と力をあわせて九州一円の海賊を平定し、姫と豊後之助は天帝に召されて昇天する。天草の乱をはじめ、黒田騒動や、近松半二ら合作の浄瑠璃(じょうるり)『菊地大友姻袖鏡(きくちおおともこんれいそでかがみ)』(1765・大坂竹本座初演)を構想に取り入れ、美童、勇士のめまぐるしい活躍に艶美なまでの幻妖、怪奇性を自在に織り込み、一大ロマンの世界を展開させている。1853年に初編から14編まで河竹黙阿弥(もくあみ)によって劇化され、江戸・河原崎座で上演、好評を博している。[棚橋正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白縫譚の言及

【草双紙物】より

…劇化のはじまりは,山東京伝の読本《復讐奇談 安積沼(あさかのぬま)》(1803)と合巻の《安積沼後日仇討》(1807)に取材した南北の《彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)》(1808年閏6月江戸市村座)であった。以下,著名な草双紙物をあげると,38年(天保9)市村座の《内裡模様源氏紫(ごしよもようげんじのえどぞめ)》と51年(嘉永4)江戸中村座の《東山桜荘子》は,柳亭種彦作《偐紫(にせむらさき)田舎源氏》(1829‐42),60年(万延1)中村座《金瓶梅曾我松賜(たまもの)》は,曲亭馬琴作《新編金瓶梅》(1831‐47),52年(嘉永5)江戸河原崎座の《児雷也豪傑譚話(ものがたり)》は,美図垣笑顔(みずがきえがお)作《児雷也豪傑譚》(1839‐47),53年江戸河原崎座の《しらぬひ譚》は,種員・種彦・種清合作の《白縫譚》(1849‐85),54年(安政1)中村座の《花見台(はなみどう)大和文庫》は,万亭応賀作《釈迦八相倭文庫(しやかはつそうやまとぶんこ)》(1845‐71)の,それぞれ脚色物であった。明治中期に草双紙が終息するとともに終わった。…

※「白縫譚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白縫譚の関連キーワード柳亭種彦(初代)柳下亭種員種彦高屋種彦瓢亭種繁柳煙亭種久柳水亭種清柳亭種彦(2代)児雷也豪傑譚柳亭種彦(2世)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白縫譚の関連情報