コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百家争鳴 ヒャッカソウメイ

とっさの日本語便利帳の解説

百家争鳴

学術上の各派が自由に論争を展開すること。様々な花が一斉に咲き誇る「百花斉放」と併せて用いられる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃっかそうめい【百家争鳴 Bǎi jiā zhēng míng】

解放後の中国で,知識人の文学,芸術,科学活動を含む学術・思想面における積極性を引き出すために,毛沢東が1956年5月の最高国務会議で提起した文化政策のスローガン。百家争は,もともと古代の戦国時代諸子百家による思想・学術活動の活況を表す言葉であった。たとえば,18世紀清代のすぐれた史学理論家として知られる章学誠は,〈諸子争鳴,みな先王の一端を得〉(《文史通義》)といい,清代の一大叢書《四庫全書》の目録解題である《四庫全書総目》は雑家類を評して〈衰周の季,百氏争鳴す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃっかそうめい【百家争鳴】

中国共産党のスローガンの一。思想・学術界におけるさまざまな立場の学者・論客が自由に意見を発表し、論争しあうこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百家争鳴の関連キーワード冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴日中貿易[第2次世界大戦後]百花斉放・百家争鳴百花斉放百家争鳴アジテーション春秋戦国時代反右派闘争江戸時代文学論争日中関係格差社会光明日報陸定一学者王蒙論客雅楽技術京劇

百家争鳴の関連情報