コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目的法学 もくてきほうがく Zweckjurisprudenz

2件 の用語解説(目的法学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目的法学
もくてきほうがく
Zweckjurisprudenz

法の形成や機能を人間が設定する実際的な目的という観点からとらえた,R.イェーリングの法理論。「目的はあらゆる法の創造者である」という命題に象徴されている。歴史法学派の基盤に立ち,J.ベンサム功利主義思想の影響を受けたイェーリングは,「法が民族精神の所産である」という歴史法学派の観念ではヨーロッパにおけるローマ法の継受を説明しえないと批判し,むしろ人間の目的こそ人間社会生活原動力であり,一切の制度,文化の創造者であるという視点からその継受を説明することによって歴史法学派を克服し,目的法学を樹立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もくてきほうがく【目的法学 Zweckjurisprudenz[ドイツ]】

法の研究や解釈にあたって〈目的〉の概念を指導理念とすることにより,法を現実生活に密着したものたらしめようとする法学上の一傾向。19世紀の後半にドイツの法学者R.vonイェーリングによって提唱された。彼によれば,あらゆる社会制度は個人的および社会的な目的を根底に有している。個人的目的とは個人のエゴイズムであり,これが等価交換メカニズムを媒介にして経済生活および私法生活を生み出す。それゆえ私法は個人の私的利益を基盤とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

目的法学の関連キーワードウィザードシステム環境設定体験版価値志向型価格設定差別型価格設定全国統一価格設定アニミズム実際的搭載弁形成術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone