コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対済令 アイタイスマシレイ

5件 の用語解説(相対済令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいたいすまし‐れい〔あひタイすまし‐〕【相対済令】

江戸中期、享保の改革で発布された法令の一。金銭貸借の訴訟は当事者間で解決させることとしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

相対済令【あいたいすましれい】

1685年以後数回にわたり発せられた幕府法令。訴訟事務停滞を理由に,既往の金銭貸借に関する訴訟(金公事(くじ))を受理せず,当事者同士の相対に任せたもの。特に1719年のものは,今後の貸借の訴訟も全部取り上げないとしたため,旗本御家人の踏倒しが続き事実上の棄捐(きえん)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あいたいすましれい【相対済令】

江戸時代,金銀貸借・売掛金などに伴う紛争の訴訟(金公事(かねくじ))は受理しないから,当事者が相対で処理するようにという法令。数度にわたって出されているが,1719年(享保4)11月のものがもっとも有名。江戸時代債権・債務など私権にもとづく訴訟にたいする幕府の扱いは,その種類によって差異があった。いまそれらを訴権(訴訟請求権)の強弱によって分けると,(1)仲間事,(2)金公事,(3)本公事となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいたいすましれい【相対済令】

江戸時代、金銀の貸し借りに関する訴訟はすべて当事者間で解決するように定めた法令。負債にあえぐ旗本・御家人の救済策。1661年から1843年までに九回発令。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相対済令
あいたいすましれい

江戸時代、金銀貸借、売掛金などに伴う訴訟に公権力は関与しないとして、相対(当事者同士)で解決するよう命じた法令。債権そのものの消滅を意味する棄捐(きえん)令と区別される。相対済令は、1661年(寛文1)から1843年(天保14)に至るまで8回出されている。しかし、これらの多くは過去の債権に関する訴権を否定したにすぎず、明確に相対で済ませと命じているのは、1702年(元禄15)、1719年(享保4)、1746年(延享3)の3法令だけである。なかでも享保(きょうほう)4年令は、適用範囲に限定を設けず、しかも過去の債権のみならず、将来発生すべき債権についても、いっさいの訴権を認めないとした唯一のものであったが、1729年(享保14)金融不円滑などを理由に廃止された。[曽根ひろみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相対済令の関連キーワード売掛金買掛金準消費貸借売掛金勘定掛金貸倒れ古金銀貸倒損失売掛債権担保融資噯∥扱

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone