真島利行(読み)まじまりこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真島利行(まじまりこう)
まじまりこう
(1874―1962)

有機化学者。明治7年11月13日医者の子として京都に生まれる。2歳で父に死別、14歳のとき上京、第一高等学校、東京大学化学科卒業(1899)。同大学助教授(1903)となり、1907年(明治40)より1911年までキール大学のC・D・ハリエスCarl Dietrich Harries(1866―1923)、チューリヒ工科大学のウィルシュテッター、ロンドンのデービー・ファラデー研究所のデュワーのもとに学んだ。帰国後新設の東北帝国大学教授(1911)、大阪帝国大学教授(1932)となり、理学部長、同大学産業科学研究所長、同大学総長を歴任、1946年(昭和21)に退官。その間、理化学研究所研究員など多くを兼務、後継者を養成し、日本の天然物化学の発展に貢献した。おもな研究は、1907年以来行われた漆の研究であり、主成分ウルシオールの構造決定および合成による確認(1917)を行った。これにより日本学士院賞(1917)受賞、また『日本化学総覧』の刊行に尽くした。1949年文化勲章受章。昭和37年8月19日没。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android