コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼筋まひ(読み)がんきんまひ

家庭医学館の解説

がんきんまひ【眼筋まひ】

 眼球は、外眼筋(がいがんきん)という筋肉の収縮によって動きます。外眼筋は腕や脚(あし)などの筋肉と同じ随意筋(ずいいきん)で、外側に動かす外直筋(がいちょくきん)、内側に動かす内直筋(ないちょくきん)、上方に動かす上直筋(じょうちょくきん)と下斜筋(かしゃきん)、下方に動かす下直筋(かちょくきん)と上斜筋(じょうしゃきん)の6つの筋肉で構成されています。これらの筋肉は脳神経(外転(がいてん)神経、動眼(どうがん)神経、滑車(かっしゃ)神経)によって支配され、さらに大脳(だいのう)という中枢(ちゅうすう)でコントロールされています。
 これらの筋、神経のなんらかの障害によっておこるのが眼筋まひです。障害された筋が受けもっている作用方向に眼球を動かすことができなくなり、複視(ふくし)(コラム「複視」)が生じます。また、それ以外の正常な筋によって眼球の偏位(位置のずれ)が生じます。これが斜視(しゃし)(「斜視」)です。
 原因としては、外眼筋自体の障害、脳神経の障害または脳幹の障害があります。
 代表的なものをあげると、外眼筋自体の障害をもたらす疾患には甲状腺(こうじょうせん)疾患、外眼筋炎、筋ミオパチーなどがあります。脳神経の障害をもたらす疾患には腫瘍(しゅよう)、血管障害(糖尿病を含む)、炎症、外傷、重症筋無力症(外眼筋以外の筋が障害されることもある)などが、脳幹を傷害する疾患には腫瘍、血管障害、外傷などがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android