コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢出川遺跡 やでがわいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢出川遺跡
やでがわいせき

長野県南佐久郡南牧村にある先土器時代遺跡。標高 1350m,八ヶ岳のふもとにある。広大な遺跡であることが確認されている。 1954,63年に発掘調査が行われ,日本における細石器文化の本格的調査のきっかけとなった。細石核細石刃が大部分であるが,そのほか掻器,削器なども出た。細石核,細石刃のほとんどが黒曜石製である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やでがわいせき【矢出川遺跡】

八ヶ岳南東麓,長野県南佐久郡南牧村の標高1300mをこす野辺山高原にある先土器時代の遺跡。1953年に由井茂也,芹沢長介等が発見し,翌年発掘調査が行われた。その際,多数の細石刃と細石核などが出土し,日本で最初に先土器時代終末期の細石器文化の存在が確認された遺跡として知られている。その後,野辺山高原が野菜の産地として開墾されるとともに,最初に調査された遺跡以外に,全長約3kmにおよぶ矢出川両岸に多数の遺跡が発見され,80年の調査では10遺跡と68ヵ所の石器分布地点からなる大遺跡群であることが明らかとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やでがわいせき【矢出川遺跡】

長野県南佐久郡南牧村野辺山にある旧石器時代遺跡。和田峠産黒曜石の細石刃・スクレーパー・ナイフが発見され、日本の細石器文化を確定させた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

やでがわいせき【矢出川遺跡】


長野県南佐久郡南牧村野辺山にある集落跡。標高1300mの八ヶ岳東南麓に位置する、約1万4000年前の後期旧石器時代最終末の遺跡。矢出川沿いに190ヵ所にわたって発見され、尖頭器(せんとうき)や細石器、刃器などが作られたことがわかっており、日本ではじめて細石刃(さいせきじん)が発見され、細石器文化を立証するとともに、集団の生業や領域・集団相互の関係が明らかになった。1995年(平成7)に国の史跡に指定された。遺跡から出土した石器のほか、民具農具、動物の標本などが、南牧村美術民俗資料館に展示されている。JR小海線野辺山駅から徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢出川遺跡
やでがわいせき

長野県南佐久郡南牧村大字野辺山(のべやま)にある先土器時代の遺跡。八ヶ岳南東麓(ろく)に広がる野辺山高原の末端、千曲(ちくま)川の支流矢出川の左岸に位置する。標高は1300メートルを超える。1953年(昭和28)芹沢長介(せりざわちょうすけ)により日本最初の細石器文化の遺跡として確認され、学史的に著名である。その後、1954年、1963年、1981年と四次にわたり発掘され、多くの細石刃(さいせきじん)、細石核、そして彫器(ちょうき)、掻器(そうき)、ナイフ形石器などが発見されている。遺物は20センチメートルほどの深さから出土し、径5メートル前後の遺物集中地点が約60か所確認されている。また、野辺山高原一帯には、ナイフ形石器が主体の遺跡も発見されており、先土器時代の末期を中心とした、日本でも有数の遺跡群を形成している。[戸沢充則]
『戸沢充則「矢出川遺跡」(『考古学集刊』2―3所収・1964・東京考古学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

矢出川遺跡の関連キーワード戸沢充則

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android