(読み)ばばあ

精選版 日本国語大辞典「婆」の解説

ばばあ【婆】

〘名〙
老女。また、老女をののしっていう語。また、特に、取上婆(とりあげばばあ)、遣手婆(やりてばばあ)をさしていう。
※談義本・華鳥百談(1748)序「翁(ぢぢい)は大和の牧童(くさかり)、媼(ババア)は河内の洗濯屋」
② うば。乳母。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「そこでおころびだと乳母(ババア)大しくじりだ」
③ 苦情。ぐち。もんく。
洒落本・四十八手後の巻(1818か)内花街「ばばあをいうなと云ことをしらぬか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「婆」の解説

ば【婆】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉) ホ(唐) [訓]ばば
年老いた女。ばば。「産婆老婆
袖を翻して舞うさま。「婆娑ばさ
梵語の音訳字。「婆羅門娑婆しゃば卒塔婆そとば
[難読]湯湯婆ゆたんぽ

ばばあ【婆】

老女。また、老女をののしっていう語。⇔じじい
[類語]おばあさんばあさん老女老婦老婆ばばおばばおうなおみなうば老媼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android