神林(読み)かみはやし

  • 神林(かみはやし)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟県北部,村上市南部の旧村域。荒川下流の右岸に位置する。1955年平林村,神納村,西神納村の 3村が合体して神林村が成立。2008年村上市,荒川町,山北町,朝日村の 4市町村と合体して村上市となった。早場米の産地。西部の砂丘地では球根を栽培。餅やハムの製造など食品加工業も行なわれる。国指定史跡の平林城跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潟県北部、岩船郡(いわふねぐん)にあった旧村名(神林村(むら))。2008年(平成20)村上(むらかみ)市に合併し、村上市の南部を占める一地域となる。JR羽越本線(うえつほんせん)と国道7号、290号、345号が通じる。旧村域は荒川の右岸にある穀倉地帯で、県北の銘柄米として知られる荒川米の主産地。要害(ようがい)山には中世、色部(いろべ)氏の居城であった平林城跡(ひらばやし)(国指定史跡)があり、平林はその城下町で古い六斎(ろくさい)市場町でもあった。荒川河口の砂丘上にある塩谷(しおや)浜は、村上藩の外港で、近くには御幕場(おんまくば)(奥女中の行楽地)もある。

[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神林の関連情報