コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋夜長物語 アキノヨノナガモノガタリ

3件 の用語解説(秋夜長物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あきのよのながものがたり【秋夜長物語】

室町初期の物語。作者未詳。1巻。瞻西上人(せんさいしょうにん)が、石山観音の変化(へんげ)梅若を愛することにより成道したという稚児(ちご)物語御伽草子(おとぎぞうし)の先駆。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

秋夜長物語【あきのよのながものがたり】

南北朝時代成立の代表的な〈稚児物語(ちごものがたり)〉。作者不詳だが,《太平記》作者の一人とされ,漢詩文に長じた天台密教の僧玄恵〔?-1350〕との関係が想定される。
→関連項目御伽草子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あきのよのながものがたり【秋夜長物語】

御伽草子。一巻。作者未詳。南北朝時代の成立。比叡山の桂海律師と三井寺の稚児ちご梅若の愛欲を描いたもの。稚児物語の代表作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋夜長物語の関連キーワード十二段草子鳴門中将物語夜の寝覚あきみち姉小路式恨之介風につれなき物語非茶きのふはけふの物語曽我物語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone