コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦荘 はたしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦荘
はたしょう

滋賀県中東部,愛荘町東部の旧町域。鈴鹿山脈西斜面と緩傾斜をなす扇状地からなる。1955年秦川村と八木荘村が合体し,町制。2006年愛知川町と合体して愛荘町となった。米作が主産業で,麻織物中心の繊維工業も行なわれる。近江上布(→上布)の伝統をいかした秦荘紬が織られている。古代に渡来人が定着した地といわれ,近江商人の出身地の一つ。行基開創と伝えられる金剛輪寺があり,本堂は国宝に,二天門と三重塔は国の重要文化財に,明壽院庭園は国の名勝にそれぞれ指定されている。また大行社本殿は国の重要文化財。一部は湖東県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秦荘
はたしょう

滋賀県中東部、愛知(えち)郡にあった旧町名(秦荘町(ちょう))。現在は愛荘(あいしょう)町の東部を占める一地区。旧秦荘町は1955年(昭和30)秦川(はたかわ)、八木荘(やぎしょう)の2村が合併して町制施行。町名は両村名による。2006年(平成18)愛知川(えちがわ)町と合併、愛荘町となる。国道307号が通じる。旧町域は湖東平野北東部の宇曽(うそ)川の扇状地と洪積台地が町の大部分を占めるが、東部は鈴鹿(すずか)山地の西縁。典型的な米作農業地域であるが、その開発は古く、条里遺構が広範にみられる。麻織物工業や近江(おうみ)商人の出身地としても知られる。麻織物の近江上布は、国の伝統工芸品に指定されている。湖東三山の一つ金剛輪(こんごうりん)寺には国宝の本堂のほか、多くの国指定重要文化財がある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秦荘の関連キーワード滋賀県愛知郡愛荘町愛知川(旧町名)秦荘[町]堤 康次郎秦荘〈町〉愛荘(町)愛荘[町]西川作平目賀田氏澄豪

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秦荘の関連情報