コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稀音家浄観(2代) きねや じょうかん

2件 の用語解説(稀音家浄観(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稀音家浄観(2代) きねや-じょうかん

1874-1956 明治-昭和時代の長唄三味線方。
明治7年3月4日生まれ。初代稀音家浄観の子。明治21年3代杵屋六四郎を名のる。35年4代吉住小三郎とともに長唄研精会を組織し演奏会を開催,長唄の普及につくす。昭和11年東京音楽学校(現東京芸大)教授。14年2代浄観を襲名。23年芸術院会員。30年文化勲章。昭和31年5月28日死去。82歳。東京出身。本名は杉本金太郎。作品に「元寇」「熊野(ゆや)」,合作に「紀文大尽」「神田祭」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稀音家浄観(2代)

没年:昭和31.5.28(1956)
生年:明治7.3.4(1874)
明治から昭和にかけての長唄三味線方。初代稀音家浄観の子で,明治21(1888)年に3代目杵屋六四郎を襲名し,昭和1(1926)年に杵屋を稀音家と改称する。その大きな功績のひとつは,明治35年に唄方の4代目吉住小三郎と共に「長唄研精会」を組織し,長唄を舞踊の伴奏音楽としてばかりでなく,純粋に鑑賞するための音楽,また健全な家庭音楽として世に知らしめたことである。昭和4(1929)年に東京音楽学校(東京芸大)に長唄の選科が置かれると,小三郎ともども教官として後進の育成に当たった。代表作に「熊野」「横笛」や,小三郎との合作の「紀文大尽」「神田祭」などがある。作曲の名人であるとともに,独特のユーモアを備え,しばしばしゃれっ気のある替え唄を作った。30年に文化勲章を受章。<参考文献>町田嘉章『長唄浄観』

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稀音家浄観(2代)の関連キーワード杵屋佐吉岡安南甫(初代)杵屋勝五郎(初代)杵屋勝五郎(4代)杵屋勘右衛門杵屋勘五郎(2代)杵屋佐吉(4代)杵屋新右衛門(初代)錦屋惣次(2代)松永鉄五郎(7代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone