稲沢(市)(読み)いなざわ

  • 稲沢

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県北西部、濃尾(のうび)平野の中央にある市。1958年(昭和33)市制施行。2005年(平成17)祖父江(そぶえ)、平和(へいわ)の2町を編入。JR東海道本線、名古屋鉄道本線、同尾西線、国道155号が貫通、近くに名神高速道路一宮インターチェンジがある。開拓の歴史は古く、尾張(おわり)国の国府所在地(松下)となり、また国分寺は矢合(やわせ)にあった。江戸時代には美濃路(みのじ)の稲葉(いなば)宿も置かれた。江戸時代以来、濃尾平野のナス、ホウレンソウなどの野菜栽培の中心地で、矢合は植木、苗木の大産地。愛知県植木センターがあり、4月には植木まつりが行われている。近代施設としては、日本三大操車場の一つに数えられたJR稲沢操車場があったが、縮小され、一部は大型商業施設となっている。また、名古屋市から進出した各種工場も多い。国府宮(こうのみや)(尾張大国霊(おおくにたま)神社)は尾張総社で裸(はだか)祭(旧暦1月13日)で有名。矢合観音は厄病除(よ)けとしていまも参詣(さんけい)者が多い。国の重要文化財としては国府宮の楼門、拝殿や万徳寺(まんとくじ)、性海寺(しょうかいじ)の多宝塔、その他寺院の仏像などがあり、歴史の町でもある。面積79.35平方キロメートル、人口13万6867(2015)。

[伊藤郷平]

『『稲沢市史』(1968・稲沢市)』『『新修稲沢市史』全25巻(1978~1991・稲沢市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android