コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲沢[市] いなざわ

百科事典マイペディアの解説

稲沢[市]【いなざわ】

愛知県北西部,濃尾平野にある市。西部は木曾川をはさんで岐阜県に接する。1958年市制。国府宮(こうのみや)には大国霊(おおくにたま)神社があり,古くは国府が置かれた尾張の中心であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなざわ【稲沢[市]】

愛知県西部,濃尾平野のほぼ中央にある市。1958年市制。人口9万8746(1995)。古くは尾張の国府が置かれ,現市街地の東方約1kmの松下国衙こくが)跡と総社国府宮跡(大国霊神社)がある。現市街は江戸時代美濃街道宿駅稲葉宿〉として発達したもので,当時は本陣・脇本陣各1が置かれていた。1904年東海道本線稲沢駅が開業し,25年に全国有数の操車場が造られた。その後機能を失った跡地も95年に〈尾張西部都市拠点地区〉に指定され生まれかわろうとしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android