コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイ

デジタル大辞泉の解説

えい【×穎】

イネ科植物の、花・小穂(しょうすい)の外側にある葉状の2枚の小片。花を包むものを花穎、小穂の付け根にあるものを苞穎(ほうえい)という。
稲の穂先。
錐(きり)の先。また、筆の穂先。
鋭い才気。また、その人。

えい【穎】[漢字項目]

[音]エイ(漢)
稲の穂先。「穎果
錐(きり)や筆など、とがった物の先。「穎脱毛穎
才知が鋭い。「穎悟穎才
[補説]3は「」を代用字とすることがある。「頴」は異体字。
[名のり]さか・さとし・とし・ひで

かび【×穎】

《「かひ」とも》植物の穂。特に、稲穂
「初穂をば千(ち)―八百(やほ)―に奉り置きて」〈祝詞・祈年祭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


えい

イネ科植物の小穂にみられる鱗片(りんぺん)状の包葉。イネ科の小穂には、(1)最下節につき花をもたない、(2)次の節につき花をもたない、(3)それより上の節につき葉腋(ようえき)に小花をもつ、(4)小花の基部につく、の4種の包葉がある。それらに対する名は、末尾に示すように人によってまちまちである。穎の語を(1)~(4)の総称とする人と、(1)と(2)を合わせたものとする人とある。穎果が熟すと、(1)と(2)を母体に残し、(3)と(4)に包まれて落ちることが多い。
(1)=第1包穎==外包穎=第1護穎=外穎
(2)=第2包穎=内包穎=第2護穎=内穎
(3)=護穎=外花穎=外穎=外(がいふ)
(4)=内穎=内花穎=内穎=内[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

穎の関連キーワード赤かび病(パスパルム)孔穎達(こうえいたつ)赤かび病(ライグラス)赤かび病(フェスク)ハダカムギ(裸麦)スズメノテッポウ章を断ち義を取るアオカモジグサ孔穎達・孔頴達アキメヒシバイチゴツナギウシノケグサエノコログサアワガエリコウヤザサ毛穎・毛頴キツネガヤ芒(植物)カモジグサホッスガヤ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穎の関連情報