コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 エイ

4件 の用語解説(穎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えい【×穎】

イネ科植物の、花・小穂(しょうすい)の外側にある葉状の2枚の小片。花を包むものを花穎、小穂の付け根にあるものを苞穎(ほうえい)という。
稲の穂先。
錐(きり)の先。また、筆の穂先。
鋭い才気。また、その人。

えい【穎】[漢字項目]

[音]エイ(漢)
稲の穂先。「穎果
錐(きり)や筆など、とがった物の先。「穎脱毛穎
才知が鋭い。「穎悟穎才
[補説]3は「英」を代用字とすることがある。「頴」は異体字。
[名のり]さか・さとし・とし・ひで

かび【×穎】

《「かひ」とも》植物の穂。特に、稲穂。
「初穂をば千(ち)―八百(やほ)―に奉り置きて」〈祝詞・祈年祭

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


えい

イネ科植物の小穂にみられる鱗片(りんぺん)状の包葉。イネ科の小穂には、(1)最下節につき花をもたない、(2)次の節につき花をもたない、(3)それより上の節につき葉腋(ようえき)に小花をもつ、(4)小花の基部につく、の4種の包葉がある。それらに対する名は、末尾に示すように人によってまちまちである。穎の語を(1)~(4)の総称とする人と、(1)と(2)を合わせたものとする人とある。穎果が熟すと、(1)と(2)を母体に残し、(3)と(4)に包まれて落ちることが多い。
(1)=第1包穎==外包穎=第1護穎=外穎
(2)=第2包穎=内包穎=第2護穎=内穎
(3)=護穎=外花穎=外穎=外(がいふ)
(4)=内穎=内花穎=内穎=内[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穎の関連キーワードイネ禾本水生植物禾穂禾本科小穂仏炎苞プラントオパール蓑米しょうずく

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

穎の関連情報