竹原(市)(読み)たけはら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹原(市)
たけはら

広島県中南部、瀬戸内海に面した市。賀茂(かも)川流域を占める。1958年(昭和33)豊田(とよた)郡竹原、忠海(ただのうみ)の2町が合併して市制施行。JR呉(くれ)線、国道2号、185号、432号が通じ、竹原港からは大崎上島(かみじま)、大崎下島(しもじま)、大三島(おおみしま)などへの定期航路がある。中心地区の竹原は賀茂川河口に位置し、古くは賀茂御祖(みおや)神社竹原庄(しょう)の地。近世は下市(しもいち)といい広島藩領で、沿岸部は新田開発が進み、その一部は塩田に転用され、竹原塩田は藩の重要な財源となった。下市や忠海には藩の米蔵が置かれ、海運も活発であった。豊かな経済力を背景に学問も興隆し、頼山陽(らいさんよう)ら頼氏一族のほか多くの学者が出た。明治以降ブドウ栽培が盛んとなり、竹原ブドウとして知られたが、近年都市化により減少した。最近ではジャガイモの栽培が盛んになっている。三井金属鉱業の精錬所、電源開発火力発電所が立地し、食品工業や造船業も行われる。西部の吉名(よしな)は赤れんがの製造で知られる。北部の国道2号沿いに湯坂温泉郷がある。瀬戸内海国立公園域の大久野(おおくの)島はかつて陸軍の毒ガス工場があったが、いまは休暇村となっている。
 本町通りには、江戸中期から明治期の建物が残る町並みがあり、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。妻入りと平入りの町家が混在し、頼山陽の祖父惟清(ただすが)旧宅(県指定史跡)も含まれる。また、塩田関連の資料を中心とした歴史民俗資料館がある。国指定天然記念物にスナメリクジラ廻游(かいゆう)海面、忠海八幡(はちまん)神社社叢(しゃそう)がある。面積118.30平方キロメートル、人口2万8644(2010)。[北川建次]
『『竹原市史』全5冊(1963~1972・竹原市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹原(市)の関連情報