コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本政太夫(3世) たけもとまさたゆう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本政太夫(3世)
たけもとまさたゆう[さんせい]

[生]享保12 (1732). 大坂
[没]文化8 (1811)
義太夫節の太夫。通称播磨屋利兵衛。2世竹本政太夫の門弟となり,宝暦6(1756)年竹本中太夫の名で竹本座初出座。カワリ(人物や情景が瞬時に切り替わる部分,およびその変化を描写する技法)の名人で,中太夫の四季ガワリと称賛された。師の没後,1世竹本土佐太夫と 1世竹本染太夫との間に後継争いが起こったが,協議の末,明和4(1767)年に正式に 3世政太夫を襲名し,塩町の政太夫と呼ばれた。竹本座退転以降,天明6(1786)年の『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』の初演などで奮闘したが,江戸で興業する機会が多く,最期も竹本播磨太夫を名のって江戸で客死した。(→浄瑠璃人形浄瑠璃文楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竹本政太夫(3世)の関連キーワード竹本染太夫(1世)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android