コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹谷峠 ささやとうげ

4件 の用語解説(笹谷峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笹谷峠
ささやとうげ

奥羽山脈南部にある峠。標高 906m。宮城,山形両県の境をなし,仙台市と山形市を結ぶ笹谷街道 (国道 286号線) が通る。すぐ南に有耶無耶関 (うやむやのせき) 跡がある。 1981年東北横断自動車道 (山形自動車道) の笹谷トンネルが完成して,仙台-山形間の距離が短縮された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ささやとうげ【笹谷峠】

山形県山形市と宮城県川崎町の間にある県境の峠。奥羽山脈をこえて仙台市と山形市を結ぶ笹谷街道(国道286号線)の分水界で,標高906m。峠の南東500mに古歌で知られる有耶無耶関(うやむやのせき)跡がある。近世には通行が盛んで米,麦,ベニバナなどが運ばれ,笹谷(宮城側),関沢(山形側)は峠集落としてにぎわった。奥羽本線仙山線の開通と国道48号線の整備により通行は衰えたが,仙台~山形間の最短路であるため1981年トンネルが開削され,再び交通の要路になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県(山形県)〕笹谷峠(ささやとうげ)


宮城・山形県境、奥羽(おうう)山脈の雁戸(がんど)山北側の鞍部(あんぶ)を越える峠。最高地点は山形県側にあり、標高は906m。仙台市と山形市を結ぶ国道286号(笹谷街道)が通り、直下の笹谷トンネルを山形自動車道が抜ける。南東約660mに有耶無耶(うやむやの)関跡がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹谷峠
ささやとうげ

宮城県柴田(しばた)郡川崎町と山形市との境にある峠。標高906メートル。仙台市と山形市を結ぶ笹谷街道が奥羽山脈を横断する峠で、平安時代後期にすでに通じていたが、険阻かつ冬季の多雪のためおもに商人荷の輸送に利用されてきた。北側のJR仙山線、国道48号の開通により衰退したが、国道286号、東北自動車道の完成、笹谷トンネルの貫通で日本海側への連絡横断道路として重視されている。旧道に有耶無耶関(うやむやのせき)跡がある。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笹谷峠の関連キーワード山形県山形市岩波山形県山形市大手町山形県山形市霞城町山形県山形市神尾山形県山形市辻山形県山形市十日町山形県山形市銅町山形県山形市旅篭町山形県山形市門伝山形県山形市八日町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone