(読み)ヨウ

  • ひかい
  • よう ヤウ
  • よう〔ヤウ〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

易学で、陰に対置されて、積極的、能動的であるとされるもの。天・日・昼・男・強・動・奇数など。⇔
表から目に見えるところ。うわべ。⇔。→陽に
日の照らすこと。明るいこと。また、そのような所。
「静かなる夜を―に返す洋灯の笠に」〈漱石虞美人草
[音]ヨウ(ヤウ)(呉)(漢) [訓]ひ
学習漢字]3年
日。日の光。「陽光斜陽春陽夕陽太陽朝陽落陽
ひなた。山の南側。川の北側。「山陽洛陽(らくよう)
明るく暖かい。「陽春
うわべをいつわる。「陽狂陽動
表に現れている。「陽刻陽報
(陰に対して)積極的、能動的な性質。「陽気陽極陽子陽性陽転陽電気陰陽重陽(ちょうよう)
[名のり]あき・あきら・お・おき・きよ・きよし・たか・なか・はる・や
[難読]陽炎(かげろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

物事の表立ったところ。 陰に-に世話をする
易学の二元論で、陰に対するもの。天・男・日・昼・動・明・奇数など、積極的・能動的であるとされるもの。
▽⇔ 陰陽
[句項目] 陽に開く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 易学で、陰に対置され、合わせて宇宙の根元となる。受動的な陰に対して、能動的、積極的な事象の象徴とする。日・春・夏・東・南・火・男・奇数・強・動など。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「やうの気に陽とし、陰の気にいんとせば、和する所あるまじければ、成就もあるまじ」 〔易経‐坤卦〕
② 日の照らす方。光のさすところ。ひなた。山では南面、川では北岸の地をいう。
※三教指帰(797頃)上「橘柚徒陽、自然為枳、曲蓬揉麻、不扶自直」 〔白居易‐題王処士郊居詩〕
③ 陽気の盛んなこと。また、その時。
※太平記(14C後)四「春夏は陽の時にて忠賞を行ひ秋冬は陰の時にて刑罰を専にす」
④ 目に見える表面的なところ。うわべ。
⑤ 男性の性器。男根。
※随筆・独寝(1724頃)下「此塩を取貯へ置て、女を犯さんとおもふ前に酒にて一銭目呑む。陽をおこすこと甚妙也とかや」
[2] 〘語素〙 旧国名のはじめの一字の後に美称として付けて用いる。「薩陽」「肥陽」「尾陽」など。
※島隠集(1508)上「文明十四戊戌二月有一日、達薩陽龍雲精舎、忽脱艸鞋凾丈

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陽の関連情報