コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節折 よおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

節折
よおり

御贖 (みあが) の儀ともいう。毎年6月と 12月のみそかの大の日の夜に,宮中天皇皇后,東宮 (→春宮 ) のために行われる祓式の一種。神祇官のすすめる小竹9本を使って,身長および両肩より足まで,胸から左右の手先まで,左右の腰から足まで,左右の膝から足までをそれぞれはかり,その個所を折るところからこの名がある。はかったあと神祇官の宮主 (みやじ) が祓をした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よ‐おり〔‐をり〕【節折】

毎年6月と12月の晦日(みそか)に宮中で行われる行事。天皇・皇后・皇太子の身長を竹の枝で測り、祓(はらえ)を行うもの。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よおり【節折】

宮中で毎年6月・12月の末日に行う儀式。竹を節の所で折って、天皇・皇后・皇太子の身長を測り、これによって祓はらえを行うもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節折
よおり

天皇、皇后、東宮の背丈を竹の枝で測り、穢(けがれ)を祓(はら)う儀式。6月、12月の晦日(みそか)、大祓(おおはらえ)ののちに行う。「よ」は竹の節を意味し、中臣(なかとみ)の女(むすめ)が荒世(あらよ)・和世(にぎよ)の竹の枝を用いて身長を測り、その寸法にあわせて竹を切ることから節折という。天皇は宮主(みやぬし)(神主)による祓を行われ、その竹を河に流す。身長は五度によって測られる。まず身長。ついで両肩より足、左右の手。胸から指先。腰から足指。膝(ひざ)から足、までの五度である。平安時代中期より始まり、応仁(おうにん)の乱(1467~77)で中絶、1871年(明治4)に復興した。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

節折の関連キーワードアラセツ練り切り喜界島儀式山中荒世末日和節荒節祭服

節折の関連情報