コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節折(読み)よおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

節折
よおり

御贖 (みあが) の儀ともいう。毎年6月と 12月のみそかの大の日の夜に,宮中天皇皇后,東宮 (→春宮 ) のために行われる祓式の一種。神祇官のすすめる小竹9本を使って,身長および両肩より足まで,胸から左右の手先まで,左右の腰から足まで,左右の膝から足までをそれぞれはかり,その個所を折るところからこの名がある。はかったあと神祇官の宮主 (みやじ) が祓をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

よおり【節折】

宮中で毎年6月・12月の末日に行う儀式。竹を節の所で折って、天皇・皇后・皇太子の身長を測り、これによって祓はらえを行うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節折
よおり

天皇、皇后、東宮の背丈を竹の枝で測り、穢(けがれ)を祓(はら)う儀式。6月、12月の晦日(みそか)、大祓(おおはらえ)ののちに行う。「よ」は竹の節を意味し、中臣(なかとみ)の女(むすめ)が荒世(あらよ)・和世(にぎよ)の竹の枝を用いて身長を測り、その寸法にあわせて竹を切ることから節折という。天皇は宮主(みやぬし)(神主)による祓を行われ、その竹を河に流す。身長は五度によって測られる。まず身長。ついで両肩より足、左右の手。胸から指先。腰から足指。膝(ひざ)から足、までの五度である。平安時代中期より始まり、応仁(おうにん)の乱(1467~77)で中絶、1871年(明治4)に復興した。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android