コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米沢[市] よねざわ

2件 の用語解説(米沢[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

米沢[市]【よねざわ】

山形県南部,米沢盆地南部と福島県に接する広い山地を占める市。1889年市制。盆地上にある中心市街は上杉氏の城下町として発展した。奥羽本線が通じ米坂線が分岐する。
→関連項目伊達晴宗山形[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よねざわ【米沢[市]】

山形県南東端の市。1889年市制。人口9万5592(1995)。米沢盆地の南部に位置し,中心市街地の米沢は松川扇状地上に発達した旧城下町で,奥羽本線,山形新幹線と国道13号線が福島県に通じ米坂線が分岐する県南置賜(おきたま)地方の中心都市である。中世に長井氏の築城によって開け,戦国期には伊達氏の領国の中心地として城下町の原型が形成された。1601年(慶長6)上杉景勝が会津から移封されて以後明治まで約270年間にわたる上杉氏の統治が続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone