紀伊山地の霊場と参詣道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

紀伊山地の霊場と参詣道

対象となる霊場は、吉野山から大峰山一帯の「吉野・大峯」、和歌山県の「高野山」「熊野三山」の3カ所。ほかに吉野山と熊野(熊野本宮大社)を結ぶ山岳の修行道「大峯奥駈道(おくがけみち)」、各地から熊野に向かう熊野古道(中辺路〈なかへち〉、伊勢路〈いせじ〉など)を含む。熊野古道のうち、高野山と熊野を結ぶ「小辺路」が県内を通る。

(2014-07-05 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界遺産詳解の解説

きいさんちのれいじょうとさんけいみち【紀伊山地の霊場と参詣道】

2004年に登録された日本の世界遺産(文化遺産)で、奈良県、三重県、和歌山県の3県にまたがる、紀伊山地にある。修験道の拠点「吉野・大峯」、熊野信仰の中心地「熊野三山」、真言密教の根本道場「高野山」の三大霊場と、これらの霊場を結ぶ「参詣道(巡礼路)」からなる。おもな登録物件は、吉野・大峯の吉野山、金峯山寺、大峰山寺、吉野水分神社、吉水神社、金峯神社、熊野三山の熊野本宮大社、熊野速玉大社熊野那智大社青岸渡寺、那智大滝、補陀洛山寺那智原始林。高野山の金剛峯寺丹生都比売神社、慈尊院、丹生官省符神社。参詣道の大峯奥駈道、熊野参詣道(小辺路、中辺路、大辺路、伊勢路)、高野山町石道。神道と仏教が結びついた神仏習合思想をよく表していて、自然環境とともに文化的景観を形成し、その景観が1000年以上にわたり保存されてきたことなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はSacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀伊山地の霊場と参詣道の関連情報