コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峯神社 きんぷじんじゃ

1件 の用語解説(金峯神社の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんぷじんじゃ【金峯神社】

奈良県吉野郡吉野町金峰山に鎮座。旧郷社。金山毘古命をまつる。かつて祭神は金山彦命,大山祇神大己貴命少彦名命安閑天皇とされたが,鎌倉時代は金精(こんせい)大明神とも金山明神ともいわれ,黄金保護の神と考えられた。853年(仁寿3)名神となり,854年(斉衡1)月次・相嘗・神今食祭に奉幣にあずかる神とされた。859年(貞観1)正三位を授けられ,同年藤原山蔭滋岳川人等が宣旨を受けて虫害を払う祭りを修めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金峯神社の関連キーワード金峰神社如意輪寺吉野神宮象の小川金峰山寺吉野葛吉野詣で吉野路 上北山吉野路 黒滝花巴

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金峯神社の関連情報