コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾部(市) あやべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綾部(市)
あやべ

京都府中部、福知山(ふくちやま)盆地の東端に位置する市。1950年(昭和25)綾部町と中筋(なかすじ)、吉美(きみ)、山家(やまが)、西八田(やた)、東八田、口上林(くちかんばやし)の6村が合併して市制施行。1955年、豊里(とよさと)、物部(ものべ)、志賀郷(しがさと)、中上林、奥上林の5村を、1956年に佐賀村の一部を編入。JR山陰本線と舞鶴(まいづる)線の分岐点。国道27号、173号(綾部街道)が通じ、舞鶴若狭(わかさ)自動車道綾部インターチェンジ、京都縦貫自動車道の綾部安国寺インターチェンジがある。市街は由良(ゆら)川中流の段丘上に発達し、江戸時代は1633年(寛永10)以降九鬼(くき)氏2万石の城下町。『和名抄(わみょうしょう)』の漢部(あやべ)郷にあたり、市名は、古代に綾織を職とする渡来人秦(はた)氏の部民、漢部が居住したことに由来すると伝えられ、古くから養蚕が盛んであった。1896年(明治29)郡是(ぐんぜ)製糸(現、グンゼ)の創立以来、日本有数の製糸業地となり、ナイロン婦人靴下などを生産する。そのほか農業機械、自動車部品などの生産もみられ、1989年(平成1)府営工業団地、1996年には市営工業団地が完成している。またマツタケ、アユ、木材などを産し、ことに北部の黒谷(くろたに)の山間はコウゾが多く、良質の和紙を産し、草木で染めた染紙は素朴な民芸品として知られ和紙会館がある。聖徳太子創建と伝えられる光明(こうみょう)寺があり、二王門は国宝に指定されている。また足利(あしかが)氏の崇敬の厚かった古刹(こさつ)安国寺もある。1892年(明治25)出口ナオが開教した大本(おおもと)教発祥の地で、本部の一部である梅松苑(ばいしょうえん)がある。面積347.11平方キロメートル、人口3万5836(2010)。[織田武雄]
『『綾部市史』全3冊(1976~1979・綾部市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

綾部(市)の関連キーワード京都府綾部市内久井町京都府綾部市於与岐町京都府綾部市鍛治屋町京都府綾部市金河内町京都府綾部市下八田町京都府綾部市駅前通り京都府綾部市五津合町京都府綾部市井倉新町京都府綾部市神宮寺町京都府綾部市井根町京都府綾部市青野町京都府綾部市相生町京都府綾部市上杉町京都府綾部市今田町京都府綾部市井倉町京都府綾部市上野町京都府綾部市有岡町京都府綾部市坊口町京都府綾部市星原町京都府綾部市本宮町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綾部(市)の関連情報