コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑鉛鉱 リョクエンコウ

2件 の用語解説(緑鉛鉱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょくえん‐こう〔‐クワウ〕【緑鉛鉱】

塩化物燐酸塩主成分とする鉱物。柱状の結晶をなし、六方晶系。緑・黄褐色で樹脂光沢がある。鉛鉱床の酸化帯に二次的に生じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑鉛鉱
りょくえんこう
pyromorphite

鉛のリン酸塩鉱物のうち、もっとも普通のものの一つ。鉛鉱床の酸化帯中に、初生の鉛鉱物(おもに方鉛鉱)の分解によって生成するものとされるが、ほとんど鉛の初生鉱物を含まないような鉱脈や鉱物集合中に産することもあるので、この鉱物自身が初生鉱物である疑問ももたれている。自形は六角柱状、底面または錐面(すいめん)あるいは両方が発達することもある。日本では、岐阜県神岡鉱山、宮城県大崎(おおさき)市岩出山(いわでやま)の池月鉱山など産地は多い。燐灰石系鉱物の一員。英名はギリシア語の「火」と「形」に由来する。その集合状態が一見溶融物からの生成と解釈されたことによる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑鉛鉱の関連キーワード塩化物酸塩化物閃亜鉛鉱藍銅鉱菱亜鉛鉱金属鉱物鉱物質肥料塩化物泉燐酸塩化作用炭酸塩化

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone