コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑鉛鉱 リョクエンコウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑鉛鉱
りょくえんこう
pyromorphite

鉛のリン酸塩鉱物のうち、もっとも普通のものの一つ。鉛鉱床の酸化帯中に、初生の鉛鉱物(おもに方鉛鉱)の分解によって生成するものとされるが、ほとんど鉛の初生鉱物を含まないような鉱脈や鉱物集合中に産することもあるので、この鉱物自身が初生鉱物である疑問ももたれている。自形は六角柱状、底面または錐面(すいめん)あるいは両方が発達することもある。日本では、岐阜県神岡鉱山、宮城県大崎(おおさき)市岩出山(いわでやま)の池月鉱山など産地は多い。燐灰石系鉱物の一員。英名はギリシア語の「火」と「形」に由来する。その集合状態が一見溶融物からの生成と解釈されたことによる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone