コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 オ

8件 の用語解説(緒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お〔を〕【緒】

繊維をよった細長い線状のものの総称。糸やひもなど。「堪忍袋のが切れる」
履物につけて足にかけるひも。鼻緒。「下駄(げた)にをすげる」
楽器や弓に張る糸。弦(げん)。「琴の
長く続くこと。また、そのもの。「息のが絶える」
命。生命。
「おのが―を凡(おほ)にな思ひそ庭に立ち笑ますがからに駒に逢ふものを」〈・三五三五〉

しょ【緒】

物事の糸口。はじめ。ちょ。

しょ【緒】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショ(漢) チョ(慣) [訓] いとぐち
〈ショ〉
物事のはじまり。発端。いとぐち。「緒言緒戦緒論端緒由緒
ある事から引き起こされる思い。「情緒心緒
〈チョ〉に同じ。「緒言情緒
〈お〉ひも・糸の類。「鼻緒
[名のり]つぐ

ちょ【緒】

いとぐち。はじめ。端緒。しょ。

ちょ【緒】[漢字項目]

しょ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

お【緒】

糸やひもなど、細長いもの。 「羽織の-」
履物につけて、足にかけるひも。 「 -をすげる」 「鼻-」
楽器や弓の弦。 「琴の-」
長く続くもの。 「あらたまの年の-長く逢はざれど/万葉集 3775
魂をつなぐもの。いのち。玉の緒。 「己が-を凡おおにな思ひそ/万葉集 3535

しょ【緒】

物事の初め。いとぐち。ちょ。
[句項目]

ちょ【緒】

〔「ちょ」は「緒しよ」の慣用音〕
物事のはじめ。いとぐち。端緒たんちよ。しょ。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【ひも(紐)】より

… 紐は,その特徴によっていろいろに使い分けられる。組紐は古来,紐の本命と考えられたものであり,直衣(のうし)の緒(お),鎧冑の縅(おどし)糸,太刀の緒や柄(つか)糸,帯締め,羽織紐などに使われる。織紐のうちで代表的なものは真田(さなだ)紐(真田織)で,平たい形状なので箱物の紐,掛軸の吊(つり)紐に適しており,真田幸村の考案になるものと伝えられている。…

※「緒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緒の関連キーワード尖頭器巻雲線状梳綿姫蜂細長い水引幕雲竜紙ツリスガラ(釣巣雀)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緒の関連情報