コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田幹雄 おだみきお

5件 の用語解説(織田幹雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織田幹雄
おだみきお

[生]1905.3.30. 広島
[没]1998.12.2. 鎌倉
陸上競技選手。 1931年早稲田大学卒業。『朝日新聞』記者を経て早稲田大学教授を務めた。日本陸上競技連盟,国際陸上競技連盟などの要職を歴任,のち日本陸連名誉会長。 1924年パリ・オリンピック競技大会三段跳び6位入賞,1928年同アムステルダム大会に出場し,同種目で優勝,日本人初の金メダリストになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

織田幹雄【おだみきお】

陸上競技選手。広島県出身。早稲田大学卒業。1923年,大阪で開催された第6回極東選手権大会に出場して,走幅跳び三段跳びで優勝,脚光を浴びる。1924年パリオリンピックで三段跳び6位,1928年のアムステルダムオリンピックで日本陸上選手として初優勝(15.21m)し,日本最初の金メダリストとなる。
→関連項目田島直人南部忠平

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田幹雄 おだ-みきお

1905-1998 昭和-平成時代の陸上競技選手,指導者。
明治38年3月30日生まれ。大正13年パリ五輪の三段跳びで6位。昭和3年アムステルダム五輪三段跳びで15m21cmをとび,日本人初の金メダル。6年15m58cmの世界新記録を樹立。朝日新聞運動部長をへて,早大教授。東京五輪の陸上総監督をつとめ,日本陸連などの要職を歴任した。63年文化功労者。平成10年12月2日死去。93歳。広島県出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おだみきお【織田幹雄】

1905(明治38)‐
陸上競技選手。広島県出身。広島一中から広島高等師範学校に進み,1923年大阪で開催の第6回極東選手権競技大会に初めて日本代表選手として出場,走幅跳びと三段跳びに優勝して脚光を浴びる。24年パリで開催の第8回オリンピック大会で,三段跳び6位入賞(14m35),日本の陸上選手で最初の入賞者となる。25年早稲田大学入学,28年アムステルダムで開催の第9回オリンピック大会で三段跳びに優勝(15m21),日本最初の金メダリストになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

織田幹雄
おだみきお
(1905―1998)

日本の代表的陸上競技選手。広島に生まれ、早稲田(わせだ)大学卒業。在学時代、南部忠平、沖田芳夫(よしお)らとともに早大陸上競技部の黄金時代を築いた。1924年(大正13)走幅跳びで7.04メートルを跳び、日本初の7メートル台を記録した。同年のオリンピック・パリ大会三段跳びで6位入賞、28年(昭和3)のオリンピック・アムステルダム大会三段跳びで15.21メートルで日本人として初めてオリンピックの金メダルを得た。31年には15.58メートルの当時世界新記録をつくり、三段跳び王国日本の先駆者となった。専門外の投擲(とうてき)、短距離にも強く、24年から3年間十種競技の日本記録(6062点)を保持。朝日新聞本社運動部長退任後、早稲田大学教授、国際陸連技術委員を歴任。東京オリンピックでは陸上競技の選手強化委員長を務めた。日本陸上競技連盟名誉会長。88年文化功労者。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の織田幹雄の言及

【オリンピック】より

…女子水泳はすでにストックホルム大会から行われていたが,女子陸上競技が採用されたことで,女子スポーツの将来に新しい展望が開かれた。この大会で日本の織田幹雄が三段跳び,鶴田義行が200m平泳ぎでそれぞれ優勝して日本で初めての金メダリストになり,また女子陸上800mでは人見絹枝が2位に入賞した。32年,ロサンゼルス(アメリカ)で開かれた第10回大会では,オリンピック史上初めて10万人収容の大競技場が建設され,36年の第11回大会に提供されたベルリン競技場の施設とともに,大会施設の巨大化に端を開いた。…

【トロフィー】より

…トロフィーも,大正中期ごろから工芸家らによって習作的に作られていたらしい。そのほか第2次大戦前のものとしては,アムステルダムでの第9回オリンピック大会(1928)での織田幹雄の三段跳びの優勝を記念して,織田のユニフォーム姿の立像のトロフィー(彫像・朝倉文夫,鋳造・日名子実三)が製作されたのが有名である。 戦後,1952年から進駐軍向けにトロフィーの製造を業として開始したが,やがてボウリングやゴルフのブームとともに,トロフィーの需要が急増し,製造者も続出した。…

【陸上競技】より

…13年には第1回の日本陸上競技選手権大会が開かれた。 1924年のパリ・オリンピック大会では織田幹雄が三段跳びで6位に初入賞。25年には日本陸上競技連盟が創設され,28年のアムステルダム・オリンピック大会では織田が三段跳びで待望の金メダルを獲得,陸上競技は黄金時代に入っていった。…

※「織田幹雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

織田幹雄の関連キーワード誘導尋問薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

織田幹雄の関連情報