コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部忠平 なんぶちゅうへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南部忠平
なんぶちゅうへい

[生]1904.5.24. 北海道
[没]1997.7.23. 大阪,吹田
陸上競技選手。早稲田大学在学中から多くの競技大会で活躍した。1928年アムステルダム・オリンピック競技大会三段跳び 4位,1932年のロサンゼルス・オリンピック競技大会では 15.72mの世界新記録で三段跳びに優勝,走り幅跳びでも 3位に入賞した。1931年の走り幅跳びの記録 7.98m(世界新)は,39年間日本記録として破られることがなかった。1961年紫綬褒章,1983年国際オリンピック委員会 IOCのオリンピック・オーダー銀章,1993年勲三等瑞宝章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なんぶ‐ちゅうへい【南部忠平】

[1904~1997]陸上競技選手。北海道の生まれ。昭和6年(1931)走幅跳びで7メートル98の世界新記録を樹立、翌年のロサンゼルスオリンピックでは三段跳びで優勝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

南部忠平【なんぶちゅうへい】

陸上競技選手。北海道出身。1928年早稲田大学4年生のときアムステルダムオリンピック三段跳びで4位入賞,金メダルの織田幹雄とともに早稲田大学陸上部黄金時代を築いた。
→関連項目田島直人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部忠平 なんぶ-ちゅうへい

1904-1997 昭和-平成時代の陸上競技選手,教育者。
明治37年5月24日生まれ。昭和3年アムステルダム五輪の三段跳びで4位。6年走り幅跳びで7m98cmの世界新記録。7年ロス五輪の三段跳びで15m72cmの世界新記録で金メダル。走り幅跳びで銅メダル。毎日新聞運動部長をへて,鳥取女子短大学長などをつとめた。平成9年7月23日死去。93歳。北海道出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なんぶちゅうへい【南部忠平】

1904‐97(明治37‐平成9)
陸上競技選手。北海道出身。インター・ミドル大会で一人で30数点を獲得して優勝するなど,中学時代から跳躍競技に天分を発揮した。早稲田大学専門部に進学,織田幹雄とともに早大陸上競技黄金時代を築いた。1931年に神宮競技場で走幅跳びに7.98mの世界新記録を樹立,同記録は70年に山田宏臣が破るまで日本記録であった。1932年オリンピック・ロサンゼルス大会では走幅跳びは足を痛めて第3位だったが,三段跳びに15.72mの世界新記録で優勝,跳躍日本の名を世界に発揚した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南部忠平
なんぶちゅうへい
(1904―1997)

陸上競技の名選手。北海道札幌市出身。早稲田(わせだ)大学卒業。1928年(昭和3)のオリンピック・アムステルダム大会の三段跳びで4位入賞。32年のオリンピック・ロサンゼルス大会では、同種目に15メートル72の世界新記録を跳んで優勝。走幅跳びでも3位に入賞した。天才的なばねの持ち主で、1931年に走幅跳びで7メートル98の日本記録を出し、ヘルメス杯を受けたが、どうした手違いか、本人には通知がなく63年(昭和38)に本人が知って改めて受け取ることになったというエピソードがある。なお、この日本記録は70年まで破られなかった。日本陸上競技連盟役員のほか、鳥取女子短期大学(現鳥取短期大学)学長を務めた。61年紫綬(しじゅ)褒章を受章。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南部忠平の関連キーワードアムステルダムオリンピック(1928年)南部敦子南部

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部忠平の関連情報