羽村(市)(読み)はむら

  • 羽村

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都北西部にある市。1956年(昭和31)西多摩村が町制施行して羽村町と改称。1991年(平成3)市制施行。武蔵野(むさしの)のはずれ、端(はし)にあるところから端(は)村が転訛(てんか)した地名といわれる。西端を多摩川が流れ、台地にあって地下水が深く、都指定の史跡まいまいず井戸(螺旋(らせん)状に掘られた巨大な井戸)の跡がJR青梅(おうめ)線羽村駅東口の五ノ神社境内に残る。1654年(承応3)江戸へ水を送る玉川上水(じょうすい)の取り入れ口の羽村堰(ぜき)が多摩川に設けられた。養蚕を主とする畑作地帯であったが、1962年(昭和37)首都圏整備法により市街地開発区域の指定を受け、自動車などの工場を誘致、職住接近の都市として発展した。羽村堰付近は現在、都立羽村草花(くさばな)丘陵自然公園に属し、堰堤(えんてい)は桜の名所。禅林寺には当市出身の作家中里介山(かいざん)の墓がある。羽村市郷土博物館内に江戸時代の民家旧下田家住宅があり、国指定重要有形民俗文化財となっている。面積9.90平方キロメートル、人口5万5833(2015)。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽村(市)の関連情報