コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習志野[市] ならしの

2件 の用語解説(習志野[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

習志野[市]【ならしの】

千葉県北西部,東京湾に面し,千葉市の北西に接する市。1954年市制。下総(しもうさ)台地の一部の習志野を含め,明治以降陸軍演習場となり,騎兵旅団,鉄道連隊などが設置され軍都として発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ならしの【習志野[市]】

千葉県北西部の市。1954年津田沼町を中心に市制。人口15万2887(1995)。両総台地末端に位置し,東京湾に面する。明治以来,台地には騎兵連隊,鉄道連隊などの軍隊施設が設置され,市名も陸軍演習地であった習志野原にちなむ。戦後これらの軍用地は千葉工業大学など四つの大学や病院の敷地となり,また自衛隊も使用している。千葉市の西隣に位置し,JR総武線や京葉線,京成電鉄新京成電鉄京葉道路東関東自動車道が通り交通の便がよいので,東京への通勤者用の住宅地として開発が進み,人口が急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

習志野[市]の関連キーワード市川津田沼習志野野田我孫子鎌ヶ谷白井流山成田松戸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone