(読み)カケリ

デジタル大辞泉「翔」の解説

かけり【×翔】

の働き事の一。修羅物で戦闘の苦患くげん狂女物で狂乱のさまなど興奮状態を表す。また、その囃子はやし。大鼓・小鼓に笛をあしらう。
歌舞伎下座音楽の一。1が転じたもの。大鼓・小鼓に能管を吹き合わす。物狂いの登場、時代物の武将の急な出入り、合戦の立ち回り、だんまりなどに使用。かけいり。
連歌俳諧で、趣向や表現に鋭い働きが感じられること。
の―、事あたらしさ、まことに秀逸の句なり」〈去来抄・先師評〉

しょう【翔】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]かける とぶ
羽を広げて飛ぶ。空高く飛ぶ。「滑翔飛翔
[名のり]さね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「翔」の解説

翔 (しょう)

生年月日:1958年6月8日
昭和時代;平成時代のロック歌手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android