コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙り ダンマリ

デジタル大辞泉の解説

だんまり【黙り】

《「だまり」の撥音添加》
だまっていて、ものを言わないこと。また、その人。「何を聞かれても黙りをきめこむ」
ことわりのないこと。無断。
「不実に考えりゃあ、―で不意と出発(たっ)て行くかも知れない」〈柳浪今戸心中
歌舞伎の演出で、暗やみの中で、登場人物が無言で探り合うようすを様式化したもの。また、その場面。暗闘。暗挑。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

黙りの関連情報