コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶馬渓[町] やばけい

2件 の用語解説(耶馬渓[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

耶馬渓[町]【やばけい】

大分県北部,下毛(しもげ)郡の旧町。山国川中流域を占め,大部分は山地。耕地は少ないが,米作を行い,牛乳,茶,果樹なども産する。耶馬渓の中心で耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やばけい【耶馬渓[町]】

大分県北西部,下毛郡の町。人口5934(1995)。北は福岡県に接する。中央部を山国川が北流し,川に沿って国道212号線が走る。町域の大部分は山地で,山国川と支流の津民(つたみ)川,山移(やまうつり)川などの川沿いに水田が開ける。農林業を主とし,米作,酪農,養蚕,茶の栽培が行われる。山国川の名勝耶馬渓は耶馬日田英彦山(ひこさん)国定公園に含まれ,深耶馬(しんやば)温泉(単純泉,42~43℃)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone