コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肆/市座 イチクラ

デジタル大辞泉の解説

いち‐くら【×肆/市座】

《「いちぐら」とも》奈良・平安時代、市で取引のために商品を並べた所。
「市人、(よも)より集ひて、自然に―をなせり」〈出雲国風土記

し【肆】[漢字項目]

[音]シ(呉)(漢) [訓]ほしいまま みせ
かって気まま。ほしいまま。「放肆
みせ。「酒肆書肆
数字「四」の大字。「金肆拾万円」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の肆/市座の言及

【商業】より

…市の商店は同種同業のものが集まって,一つの町をつくるのが原則であった。この同業商店の町を,秦・漢時代には肆(し)あるいは列と呼び,隋・唐から宋代にかけては行と呼んだ。行には首長がいて行内商店の取締りに任じたが,彼らは行頭または行首と称せられた。…

※「肆/市座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肆/市座の関連キーワード鮑魚の肆腥きを知らず茶館(ちゃかん)大神高市麻呂紀真人(1)阿倍御主人田中法麻呂山中智恵子山背部小田佐味少麻呂藤原不比等多治比池守巨勢多益須百済王善光大野果安百済善光黄文大伴飛鳥皇女藤原真楯いさば船山田三方

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android