(読み)コ

デジタル大辞泉の解説

こ【股】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]また もも
もも。また。「股間四股
重要な臣下。「股肱(ここう)
[難読]蟹股(がにまた)股座(またぐら)

また【股/×胯/×叉】

一つのもとから二つ以上に分かれている所。また、そうなっているもの。「木の―」「二―ソケット」
から足が分かれている所。また、ズボン・パンツなどのその部分にもいう。

もも【股/×腿】

足の、ひざから上のに続く部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ【股】

〘名〙
① 足のひざから上。また。もも。
※俳諧・夜半楽(1777)春風馬堤曲「堤下摘芳草、荊与蕀塞路、荊蕀何妬情、裂裙且傷股」
② 和算で、直角三角形の直角をはさむ二辺のうち、長い方の辺の称。→勾股弦(こうこげん)。〔暦象新書(1798‐1802)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

股の関連情報