コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能都[町] のと

世界大百科事典 第2版の解説

のと【能都[町]】

石川県北部,鳳至(ふげし)郡の町。人口1万2581(1995)。能登半島東部の富山湾に面する内浦にあり,宇出津(うしつ),鵜川など多くの漁業集落が発達する。中心の宇出津は近世以降クジラ漁やブリの大敷網漁,イカ釣漁でにぎわった能登屈指の漁港で,内陸の奥能登丘陵一帯からの農林産物を越中方面へ積み出す港としても繁栄した。現在は北洋漁業の基地であり,サケ・マス,イカの水揚げが多い。沿岸部は能登半島国定公園に属し,奥能登周遊の基点となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android